西洋医学と東洋医学(中医学)のコラボレーションによる漢方専門クリニック|東京都千代田区神田小川町

千代田漢方内科クリニック|医療法人社団 千禮会
MENU

更年期障害の漢方治療について

更年期障害の根本原因は「腎虚」

中医学では、人間の卵巣機能が低下しホルモンや自律神経の変調をきたす更年期障害の根本原因は、「腎(じん)」の働きの低下ということ、つまり「腎虚(じんきょ)」という概念で捉えています。2000年以上前の中国の医学書 「黄帝内経」 には「女性は七歳で腎気が盛んになり十四歳で月経がはじまり、二十八歳で身体機能性機能のピークを迎え、四十二歳で気血が衰え顔色も悪くなり始め白髪も生え、四十九歳で腎気が衰弱して閉経となる。」と言うような記述があります。これは女性の体の節目は七の倍数の年齢に訪れ、成長・発育・生殖機能をつかさどる「腎」の働きは概ね四十二歳で下降しはじめることが経験的に観察されていたということが出来ます。

千代田漢方内科クリニック中医学で言う「腎」と言う概念は、全身の陰と陽をつかさどる機能があります。陰には体に、潤いを与え、余分な熱を冷ます「水」の働き、陽には体を温める「火」の働きがあります。「腎虚」になると両者のバランスが崩れ、様々な障害が現れてきます。更年期初期や辛い物が好きでストレスをためやすい様なタイプの人は、腎陰虚(症状の一つとして、潤す働きの低下)になりやすく、ほてり、多汗、夜なかなか寝付けな、などの熱の症状があらわれてきます。逆に冷え性の方は腎陽虚(温める作用の低下)をもたらし更に足腰が冷えてだるかったりむくんだり、手足の先が冷えるなどの寒の症状が現れやすくなります。

ストレスがさらに「腎虚」を促します

「腎虚(じんきょ)」に加えて更年期障害の誘発原因となるのは「肝(かん)」の機能が低下する肝気鬱結(かんきうっけつ)があります。「肝」には気の巡りをつかさどり、精神状態や自律神経のバランスをコントロールする働きがあります。

四十歳を過ぎると子どもの独立、親の介護、夫婦関係の見直しなど家庭内の状況が変化し、心身ともに疲れ安い時期となります。これらのストレスは「肝」に影響して気の巡りが悪くなり、些細なことでもイライラしたり、怒りっぽくなったり、頭痛、耳鳴り、めまい、程度が進むと塞ぎこむなど不定愁訴のなやまされることになります

40歳を過ぎたら予防のために「補腎」をしましょう

47歳主婦のCさんは2年前子どもの大学受験でかなりのストレスを感じ、そのため夜寝つきが悪くなり、夜中に何度も目がさめて、体重も5kg減少。生理周紀も乱れがちになりました。最近では、のぼせ、多汗、顔が赤い、イライラ、肩こり、めまい、等の症状が毎日見られ、ふらふらして倒れそうになることもしばしばあり、半年前から生理もこなくなりました。病院では、「更年期障害」と診断され、精神安定剤を処方されましたが、1週間服用しても症状は改善されず、ホルモン療法を進められました。しかし、服作用が心配だったので、漢方治療を受診されました。

千代田漢方内科クリニックCさんの状態は「腎陰」が不足したため体を潤わす作用が低下し、のぼせ、多汗、顔が赤い、めまい、などの症状が現れたもので、不眠気味であったためさらに「腎虚」を進行させた症状ということができます。実は、体の陰とは通 常夜睡眠をきちんととることによっても補うことが出来ると考えられているのです。ですから不眠症状が続くと体を潤す陰分が不足し、寒熱のバランスが崩れ、余った熱が症状となって出てきます。
弁証(中医学の診断)は、「腎陰虚・肝火鬱結」(腎陰虚と肝鬱があり、体内の陰陽バランスが崩れ余分な熱がこもっている状態)と考えられます。治療法則は肝腎の陰分を滋養して熱を冷まし、全身の陰陽バランスを整え、血の巡りを改善することを目的に処方がなされました。 処方は「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)・加味逍遙散(かみしょうようさん)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」を約3ヶ月の服用で症状もなくなりました。

更年期障害に対する漢方治療は、四十歳を過ぎてから積極的に補腎に努めることで症状を軽くすることが出来ると言う点が特筆できることだと考えています。ですから、普段の生活でも補腎作用のある食物を多く食生活に採り入れ、日常生活では、十分な睡眠、ストレスの発散、適度な運動を心がけるとよいでしょう。逆に体を冷やしたり(冷たいものの食べ過ぎ飲みすぎ、伊達の薄着)、夜更かしをしたり、辛い物を食べ過ぎたりしないよう注意しましょう。
食品では、枸杞子、黒豆、黒胡麻などを多く取りましょう。また養生としての漢方では、六味地黄丸(ろくみじおうがん)(冷えのある方は八味地黄丸(はちみ じおうがん))や杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)などを用いると効果 的です。