西洋医学と東洋医学(中医学)のコラボレーションによる漢方専門クリニック|東京都千代田区神田小川町

千代田漢方内科クリニック|医療法人社団 千禮会
MENU

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎の治療は、脾と腎を補い体質改善から

最近アトピー性皮膚炎で悩んでいる方で、漢方治療を受けにみえる患者さんが増加しています。中には一般 の皮膚科でステロイド外用薬などによる治療を長年続けながら、症状は一進一退を繰り返し、「このままいつまでもステロイド剤から離れられないのではないか?漫然と使用していていいのだろうか?」という心配をお持ちになり、漢方薬による治療に切り替えたいとご相談にみえる患者さんが少なくありません。

これからお話しいたします症例のB子さんも、そんな方の一人でした。

ステロイド剤使用の恐怖を克服

千代田漢方内科クリニック25歳の会社員であるB子さんは、三ヶ月前の初診時には、顔が真っ赤に腫れ上がっており、首はひびが割れたようになり、痒みがひどく掻いたあとが一部ジュクジュクとしている状態でした。幼少より皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断され治療を続けてきましたが、ステロイド剤の長期使用による副作用の恐怖から独断で薬をやめてしまい、症状が急激に悪化してしまったということでした。
さらに1ヶ月前に悪寒、発熱、頻尿などの症状があり白血球数も減少し、病院で腎盂腎炎(じんうじんえん)と診断されました。
一般的にステロイド剤を急に止めてしまうとリバウンドで症状が悪化してしまうことが知られています。本来は、先ずステロイド剤と漢方を併用して強い炎症状態を抑え、症状が少し落ち着いたところで、漢方薬の治療に移行していく方法がよりよいのですが、今回の場合は、ご本人の希望によりステロイド剤を一切使わずに漢方のみで根気強く治していくことにしました。、

オリジナルの煎じ薬でまずは症状緩和を

千代田漢方内科クリニックB子さんの場合は、体の中に余分な熱がこもっている状態(血熱、風熱)なので、まず、この熱をさまして毒を追い出す治療(清熱解毒)方針で、十五種類の生薬をブレンドした処方を組み立てました。漢方のいいところはその人の体質や症状にぴったり合った生薬を自由に使えることでシャープな効き目を期待できることです。
B子さんには、熱をさまし毒を出す、血行をよくする、皮膚に潤いを与える、皮膚の防衛機能を高める、胃腸を強くする、痒みを止める、ストレスを発散しやすくする、便秘を解消するなどの作用のある生薬をブレンドしました。
これらを煎じて毎日服用してもらい、二番煎じを浴槽に入れて入浴剤として使ってもらうようにアドバイスしました。こうして、体の内側からと外側から、両方向から働きかけることが重要になります。アドバイス通 りにまじめに服用してくださったB子さんは、1週間を過ぎたころから痒みが徐々に減り始め、2ヶ月後には赤みもとれてきました。
しかし、今度は皮膚の乾燥が目立つようになり両腕と首がごわごわするようになってきたため、潤いを与える作用のある当帰飲子(とうきいんし)に数種類の生薬を加えた処方に切り替えました。現在は、空気が乾燥したり仕事のストレスがたまると悪化しがちですので、完治とまでは言えませんが、症状は安定しており漢方薬のみでアトピー性皮膚炎と上手に付き合われています。
アトピー性皮膚炎の治療で注意を要するのは、すでにステロイド剤を使用している場合、自分勝手な判断で急に使用をやめてしまうのは危険だということです。皮膚の症状が重症化したり、急激な副腎皮質ホルモンの低下による腎盂腎炎や白血球の減少などが見られる体に対するダメージが大きいといえるからです。ですから、医師の指導の下で様子を見ながら徐々に減らしていくのが、回り道のようでもステロイド剤からの確実で安全な離脱方法だといるでしょう。

皮膚は内臓の鏡、心の窓、そして・・・

千代田漢方内科クリニック東洋医学では、「皮膚は内臓の鏡」という考え方があります。単に湿疹といっても 赤みを帯びているのは炎症があり(熱証)赤くじくじくしているのは、炎症と水分過剰(熱証+湿邪)、かさかさになっているのは、血と水の不足(血虚陰虚)、ごわごわと硬くなっているのは血流の滞り(お血)など、症状により体内の状態は異なります。つまりこれらは、内臓の状態が皮膚という体の表面 に反映されているということなのです。一人ひとりの状況を把握し、内臓の機能を改善していくことが、東洋医学的アプローチの基本です。
また、「皮膚は心の窓」という言い方もよくされます。人目にさらされる顔や腕に症状が出ることの精神的苦痛は、周囲の想像以上に大きく、ストレスが症状をさらに悪化させるという悪循環に陥りがちです。学校や職場の環境が変わる新年度に症状が悪化し易いのも、心理状態の皮膚に及ぼす影響が大きいことの表れだといえます。ご自身でストレスを発散する方法を実践することと同時に、治療面 ではカウンセリング的な要素を取り入れながら心のケアをおこなうようにしています。

そして、お薬を服用するということ以上に大事なことは、実は患者さん自身の生活習慣なのです。例えば食習慣では、アトピーの症状がひどいのに、脂っこいものを好んで食べる、間食にスナック類などの袋菓子が手放せない、アルコールは毎日、などのような方が結構多いのも現実です。これらの食べ物は、体内に余分なエネルギーとして蓄積され、熱の症状をさらに悪化させる原因の一つにもなっています。
また、入浴などでは熱いお湯にさっと入るのではなく、38℃程度のぬ るめのお湯につかり、石鹸やシャンプーは無添加低刺激やオーガニックのものを使うようにして皮膚に対する刺激を少なくするとよいでしょう。体を洗う際も皮膚をごしごしこすらないようにして、湯上りには保湿クリームを塗るなどして潤いを保つようにします。
さらに体の中から潤いを与えることも大切です。空気が乾燥する秋から冬にかけては、体の中から潤いを与えるような食べ物(肺の機能を高める銀杏,はちみつ、白きくらげなど。腎に潤いを与える山芋、くるみ、ざくろなど)を摂ると良いでしょう。
このように、環境要因も含めた生活習慣を良いレベルに保って生活していくことが回復への第一歩ともいえるでしょう。