HOME > 当院の漢方治療 > Q&A

診療時間のご案内

曜日 午前 午後 夜間
×
× × ×
×

診療時間は毎月異なります。

診療時間

当院へのアクセス

千代田漢方内科クリニックアクセス

地下鉄「神保町駅」「小川町駅」
「新御茶ノ水駅」「淡路町駅」徒歩5分、JR「お茶ノ水駅」徒歩8分

アクセス

ご予約

ご予約電話番号 03-5282-3435

診察は完全予約制となります。
診察をご希望の際は
お電話にてご予約下さい。

ご予約

友だち追加数 QRコードでLINEの友だちを追加
QRコードでLINEの友だちを追加

保険診療と自由診療について

千代田漢方内科クリニック 保険診療と、自由診療について

Q&A

千代田漢方内科クリニック
漢方は飲みにくいのでは....

千代田漢方内科クリニック「良薬口に苦し」とよく言いますが、保険適用のエキス剤は顆粒や粉末状なので、飲みにくくはないと思います。

煎じ薬は確かに独特な匂いや味がしますが、体に足りないものを補いますので、慣れれば差ほど気にせずに服用できます。

「良薬は口に良し」と言えるかもしれませんね。

toTOP

服用が面倒なのでは?

千代田漢方内科クリニックエキス剤については、他のお薬と同様に水またはお湯で服用でき、携帯にも便利です。
生薬は煎じるのに多少お時間がかかります。

1日分づつ作るお時間のない方は、作り置きして冷蔵庫で保存してお飲みのなる時に電子レンジなどで温めて服用することもできます。

toTOP

漢方はどのような病気に効きますか?

千代田漢方内科クリニック一般の病院・医院で扱う病気のほとんどに漢方は有効ですが、特に次のような疾患に効果 を発揮します。

<女性によく見られる症状・疾患> 
冷え性、月経不順、生理痛、更年期障害、慢性の便秘、子宮内膜症、不妊症(男女とも)など

<皮膚アレルギー疾患>
アトピー性皮膚炎(ステロイドが怖い方、一度ご相談下さい)、アレルギー性鼻炎(花粉症)、じんましん、湿疹、にきび、しみ、そばかす、肌荒れ、乾燥肌、脂性肌(あぶらしょう)など

<生活習慣病>
肥満、高血圧、高コレステロール血症、高脂血症、糖尿病、痛風など

<心身の病>
不眠症、ストレス性の胃腸炎、慢性疲労、自律神経失調症、心身症、軽うつ、精力減退(インポテンツ)など

千代田漢方内科クリニック<頭部の症状>
頭痛、めまい、耳鳴り、顔面の痛み(三叉神経痛など)、顔面 神経麻痺、脳梗塞の予防など

<手足、四肢の症状や疾患>
手足のしびれ、慢性的な痛み、肩こり、脳卒中後後遺症(急性なものは除く)による麻痺など

<消化器系症状や疾患>
過敏性腸炎、食欲の低下、はきけ、胃のむかつき、胃炎、腸炎、胃・十二指腸潰瘍、口内炎、肝炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、胆石症、下痢、食欲不振、小児の体重増加不良など

<神経系の疾患>
三叉神経痛、帯状疱疹後神経痛、顔面神経麻痺、頭痛、偏頭痛、脳卒中後後遺症、疼痛を伴う疾患など

<その他、漢方が有効であるもの>
●手術後の体力回復、ガンの再発予防、抗ガン剤の副作用(食欲低下、脱毛など)の副作用防止効果 、西洋医学では決定的な治療方法がないもの(神経疾患、筋疾患、膠原病など)。
●病院の検査では特に異常が無いが、自覚症状のあるもの。

<漢方の不得意なもの>
・緊急性の高い病気、ケガなど。
・ 手術を必要とするもの。
・ 薬が飲めない場合。
・ 重症の感染症 など
当院治療中に大きな病院での検査治療や他院へのご紹介、搬送が必要な場合には、ご紹介いたします。
その他、具体的な疾患、症状につきましては個別にご相談下さい。

お困りの症状、疾患について、どんな些細な事でも構いませんのでお気軽にご相談下さい。

toTOP

漢方は長く服用しないと効果がないと効きましたが?

千代田漢方内科クリニック慢性疾患に対しては、長年にわたって失われた健康な状態を徐々に取り戻していくわけですから多少時間がかかります。
また、ご本人の病気や健康に対する認識や日常生活などによっても服用期間は変わってきます

処方がより正確であれば予想以上に短い期間で効果を発揮できます。

toTOP

漢方で副作用はありませんか?

副作用は少ないですが、全くないとは言えません。
副作用のほとんどは胃がムカムカしたり、お腹がゆるくなったりする軽いものですが、高齢者、内臓の疾患(特に肝硬変や腎不全)のある方、妊娠している女性、小児などでは副作用が強く出たりすることがまれにあります。
服用に対してはご自分で判断なさらずに、ご相談下さい。

toTOP

現在服用している薬(西洋薬)と一緒に服用しても大丈夫でしょうか?

千代田漢方内科クリニック一部の薬と相互作用があります。
作用が弱まったり、副作用が強く出たりすることがありますので、他のお薬を服用されている方は必ず受診時にそのお薬をお知らせ下さい。
また、西洋薬は食後に服用するのが普通ですが、漢方薬は食前または食間に飲みます。

toTOP

現在通院している病院の治療と漢方治療を併用することはできますか?

千代田漢方内科クリニックもちろんできます。
西洋医学の確定診断が出てそれに対する治療を行っているのであればそのまま継続して下さい。
また、当院は西洋医学の考えを排除するものではありませんので、現在他の病院で治療を受けている方でも当院の治療を受けるからと言って、そちらを止める必要はありません。
ただし、他院で手術やガン治療などを受けられている患者様の場合、そちらの主治医の先生にも漢方を服用していることを一言おっしゃった方がよろしいでしょう。

toTOP

治療費など、大まかな料金を教えてください。

以下の料金はあくまでも目安と考えて下さい。
症状や、処方薬により料金は変化しますので、実際の診療料金につきましては、お電話等にてご確認下さい。

<漢方保険診療>
全て院外処方です。
処方箋をお渡ししますので、お近くの薬局にてお薬をお受け取り下さい。
診察料 初診時 約¥1000(3割負担の時)
再診時 約¥600〜¥2000 になります。
また、お薬代は疾患や処方期間によって様々ですが、 2週間分で1500〜2000円です。 血液検査などは別となります。

<漢方自由診療>
全て院内処方ですので、当院にてお薬をお受け取り下さい。
診察料 初診時 ¥5000〜
再診時 ¥2000〜
お薬代 1日1000円〜1200円

toTOP

エキス剤と煎じ薬では何か違いがあるのでしょうか?

千代田漢方内科クリニック漢方の処方の大きな特徴は、症状に合わせて数種類の生薬を配合していることです。
エキス剤は処方中の生薬を顆粒状や粉末状のエキスにしたもので、各生薬の用量 が全て定量化され品質を一定に保つようにしてあり、簡便に服用できることから、「レディーメードの漢方薬」と言うことができます。
しかし煎じ薬に比べると同じ処方でも用量が少なかったり、処方が固定されてしまうために少し効き目のパワーが少ない場合もあります。
そのような時は、医師の判断で2〜3種類の処方を合わせて(合方というかたち)服用していただくことで対応しています。
煎じ薬は、煎じるのに時間がかかったり、味が独特であったりと、飲みにくいと感じる方がおられますが、その分、効果 は素晴らしいですし、患者様の症状・体質などにより適した生薬を処方し、用量 も自由に「さじ加減」が出きるため効き目がシャープな場合が多いと言えるでしょう。
千代田漢方内科クリニック千代田漢方内科クリニック千代田漢方内科クリニック

toTOP

医療機関や薬局で漢方を処方されていますが、効果の程がよくわかりません。

千代田漢方内科クリニックまず漢方を処方する場合には、漢方医学の診察、及び診断に基づいた処方でないとその効果 は低いか、ほとんどないと言えます。
西洋薬では、熱には「解熱剤」、痛みには「鎮痛剤」というように、症状が同じなら太った人も、痩せた人も、子供も大人も概ね同じ効果 があります。
しかし、漢方の場合は、単に症状だけではなく「証」と呼ばれる体質、体型、病気の段階や「気・血・水」など考慮した独特の診察が重要です。
ですから「証」を無視して、現代医学の病名を根拠に漢方を処方する方法では、残念ながら良い効果 が得られない場合が多いようです

toTOP

漢方に専門の科はないのですか?

千代田漢方内科クリニック皮膚の病気の原因が、「血液のよごれ」であったり、生理痛の原因が「冷え」であったりと、身体の内臓は全て関係があるのです。
身体全体を診て治療をすすめてゆくのが漢方なのです。

toTOP

自由診療と保険診療の違いについて教えてください。

千代田漢方内科クリニック自由診療、保険診療とも診察や診断については同様に行いますが、大きく異なる点は、処方されるお薬です。

自由診療では基本的にはご家庭で煎じて服用していただく生薬を処方します。この場合は患者様の症状体質に合わせて数種類から十数種類の生薬を組み合わせて処方致します。
保険診療の場合は保険が適応されるエキス剤を処方致します。
症状によっては2種類のエキス剤を合方という形でお出しする場合があります。

toTOP

上に戻る